関金温泉の散策と、穴場のカレー店「やまびこ」さんの話題

 今回は関金温泉の散策と、「やまびこ」さんの紹介です。

 前回関金温泉の「関の湯」さんを紹介したのですが、実は関の湯さんの目の前は駐車できません。
 ではどこに駐車するかというと、温泉施設向かいの「地蔵院」さんの敷地内が駐車場となっています。
 (それでも5台ほどしか駐車できないようですので、このあたりは譲り合いということで)

 DSC01911.jpg
 こちらがその地蔵院。
 この写真の向かいあたりに車が止められるスペースがあります。

 DSC01913.jpg
 こちらの本堂に祀られている通称「関の地蔵さん」、「木造地蔵菩薩半跏像」は国の重要文化財。
 実は国でも有数の古刹であり、縁起によれば始まりは756年だとか。行基菩薩による開基と伝えられています。
 (奈良東大寺大仏の建立にも携わった高僧です)

 DSC01914.jpg
 そしてもうおひとり。
 多くの温泉に伝説を残す、弘法大師の像もありました。

 DSC01943.jpg
 さて、もう一つの紹介。
 関金温泉近くの昼食はこちらでいただきました。「やまびこ」さんです。
 こちらには予備知識なしでお邪魔したのですが、調べたところ穴場の人気店だそうです。

 DSC01938.jpg
 営業は昼間のみ。
 お値段は少し前のことですので、今は50円ほど上がっているようです。

 DSC01939.jpg
 注文はシンプルなカレー(今はたぶん600円)。
 なぜか味噌汁がついてきます。
 まず最初に驚いたのは、ルーの黒さ。どうみても業務用ではなく、自家製オリジナルの特徴のあるルーでした。

 DSC01942.jpg
 口に入れると、最初はフルーティな甘さ。その次に辛さが来ました。
 辛さの感じ方は人によってさまざまでしょうが、平均的なカレーに比べればずいぶんと辛めだと思います。
 (食べられないほどではないと思いますが、辛さに弱い人はちょっとキツいかも、というレベルです)

 DSC01941.jpg
 そして面白かったのは、フルーティで辛いカレーなのに味噌汁が合うこと。
 飛び込んだ先が穴場の名店とは運が良かったです。
 ただ、放射能泉の後にカレーのコンボは、汗が止まらなくなるので注意です(この後大変なことになりました)。


 基本データ
 名称:やまびこ
 住所:鳥取県倉吉市関金町関金宿892-2
 営業時間:午前11時~午後3時頃
 定休日:日曜日
 電話:0858-45-3532


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)食べ物日記(京都郊外)

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント