古湯温泉 旅館 大和屋 ②端正な作りの内風呂と、坪庭のような露天風呂

 「大和屋」さんの紹介です。
 古湯温泉は徐福伝説のある温泉地。伝説によればその開湯は、2200年前に遡るとか。
 源泉温度38度という、まるで胎内のようなぬる湯が特徴の温泉です(宿屋のお風呂はさすがにそれですと湯冷めするため、加温されていますが)。

 ちなみに車でのアクセスの場合、「佐賀大和」ICから20分ほどで着きます。
 山峡の温泉地ですが、意外とアクセスは良好だったりします。

 DSC03144.jpg
 大和屋さんの男女別浴場。
 10室の小さなお宿の割には、けっこう大きな脱衣場です。
 日帰り温泉も積極的に受け付けているお宿ですので、そのあたりは気を遣っているのでしょうか。

 DSC03145.jpg
 こちらのロッカーは日帰り温泉のお客用だと思います。

 DSC03153.jpg
 シンプルながら明るい印象の脱衣場。
 アメニティは必要最小限でしたが、不足はありませんでした。

 DSC03151.jpg
 温泉のデータ
 源泉名:徐福泉(富士町第四源泉)
 泉質:アルカリ性単純温泉
 源泉温度:39.5℃
 pH:9.8
 成分総計:1リットルあたり0.17g
 お湯の印象:無色無臭澄明、無味、少し滑らかな浴感

 DSC03148.jpg
 お湯の使い方(推測を含む)
 加温:有り
 循環:有り?
 消毒:有り?

 DSC03155.jpg

 DSC03166.jpg
 大和屋さんの内湯は男女別で、こちらは男湯。内湯の主浴槽の向こうに露天がある作りです。
 アメニティは標準的な2点セットでした。
 浴室も浴槽も白いタイル、まるで湯が青く光っているように見えますが、実際は無力透明のお湯です。

 DSC03160.jpg
 お湯はオーバーフローで自然排水されていました。
 説明によれば循環消毒しているらしいのですが、循環されている風もなく、消毒臭も無し。
 言われなければ(というか、言われても)循環湯だとは思えません。
 お湯の温度は少し加温されており、40~41度の適温。無色無臭で肌触りの良い名湯です。

 DSC03163.jpg
 湯口は獅子でした。

 DSC03170.jpg 
 特筆すべきはこの水中写真。
 どこまでも透明で、わずかにブルーがかかっているように見えるお湯。
 古湯のお湯は本当に綺麗だと思います。

 DSC03173.jpg

 DSC03175.jpg
 一方、こちらは石造りで野趣溢れる露天風呂。
 小さめですが、坪庭の中でお風呂に浸かっているような印象でした。

 DSC03176.jpg
 こちらの湯口は石の間から。
 外ということもあってか、湯温は内湯に比べれば少し低め。もちろんこちらでも消毒臭は感じませんでした。

 次回は、大和屋さんの貸切風呂。
 六尺の大きな酒樽風呂に浸かる「天涯一閑人の湯」を紹介します。


 基本データ
 名称:大和屋
 住所:佐賀県佐賀市富士町大字古湯860
 営業時間:午前11時~午後4時(日帰り温泉の営業時間)
 入浴料:大人700円(日帰り温泉の入浴料)
 休業日:無休
 電話:0952-58-2101



 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)湯煙日記(佐賀)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント