タイ ワットポー(巨大寝釈迦仏)

 今回、新しく「観光」タグを増やしてみました。
 おそらく国内観光がメインになるかと思いますが、最初はタイの観光名所を。
 巨大な寝釈迦仏で有名な、タイ・バンコクのワット・ポーです。

 DSC03430.jpg
 ワット・ポーはタイ人は無料だったはずですが、外国人は100バーツ(300円ちょっと)の入場料が必要。
 また、仏教の神聖な場所になりますので、あまりいい加減な服装は御法度です。

 DSC03461.jpg

 DSC03441.jpg
 内部には仏像がたくさん。

 DSC03449.jpg

 DSC03450.jpg
 天を衝く4本の巨大な仏塔は、ラーマ1世から4世までのお墓です。

 DSC03486.jpg

 DSC03497.jpg
 そしてこちらが、全長45m、高さ15mの金色の寝釈迦仏。
 今から200年以上前、ラーマ1世によって建立されたもの、とのことです。
 ワット・ポー自体は午前8時から開いていますが、寝釈迦仏のいらっしゃる仏堂は午前8時半からの開門となります。

 DSC03490.jpg
 お堂の装飾も見事。
 仏教の神聖な場所というだけではなく、観光地としても一見の価値は十分にあります。

 DSC03499.jpg
 こちらは、釈迦仏の足の裏。
 扁平足なのは仏の三十二相の一つで、平等の慈悲を表しています。

 DSC03502.jpg
 寝釈迦仏の見学を終えて歩くと、ずらりと並べられた108の壺があります。
 こちらは、日本で言う喜捨。
 希望者は20バーツで小銭を渡され、それをこれらの壺に入れていきます。硬貨は煩悩を示し、108の煩悩を消すと言う考え。除夜の鐘の別バージョンのようなものです。

 ちなみにワットポーは、タイマッサージの総本山でもあります。
 こちらには併設のマッサージ屋さんや、マッサージの学校もあります。

 DSC04294.jpg
 ちょっとだけ贅沢を。マンダリン・オリエンタルのカフェで一服。

 DSC04304.jpg

 DSC04307.jpg
 高級なコーヒーなのかそうでないのかは良く分かりませんが、普通に美味しいコーヒーでした。


   


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)寺社・仏閣日記    

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント