英龍温泉(佐賀市)

 「英龍温泉」さんの紹介です。
 といっても、この記事の写真は以前の「古湯温泉館」時代のものになります。ご了承下さい。
 (リニューアルされた「英龍温泉」と本記事との違いは、外観と、新しく貸切風呂が作られたという点です)

 DSC05268.jpg

 DSC05269.jpg
 こちらは佐賀市の山間部、古湯温泉の共同浴場となります。
 宿泊も可能、今は貸切湯もできているとのことでした。

 DSC05285.jpg
 古湯温泉はぬる湯が有名。
 温泉街ではあちらこちらで、「ぬる湯、沸いてます」の幟を見かけました。

 DSC05281.jpg
 共同浴場なので、アメニティは最小限です。

 DSC05286.jpg

 DSC05287.jpg
 温泉のデータ
 源泉名:英龍泉(富士町第一源泉)/徐福泉(富士町第四源泉)
 泉質:アルカリ性単純温泉(共通)
 源泉温度:34.4℃/43.6℃
 pH:9.2/9.8
 成分総計:1リットルあたり0.17g/0.20g
 お湯の印象:無色無臭澄明、無味、少し滑らかな浴感

 お湯の使い方(推測を含む)
 加温:有り
 循環:無し
 消毒:無し

 浴室は内湯のみ。
 二つに仕切られた浴槽には、向かって左側の大きな浴槽に英龍泉が、右側の小さな浴槽に徐福泉が満たされていました。
 いずれも加温のみしていますが、循環消毒は無しの掛け流しです。

 DSC05274.jpg
 こちらが英龍泉。
 源泉温度は34度ですが、38~39度まで加温されています。

 DSC05275.jpg

 DSC05278.jpg
 こちら、右側の小さな「徐福泉」は上がり湯に使うようです。
 湯温は適温の41~42度くらいでした。
 いずれもアルカリ性単純温泉ですので強い特徴はありませんが、弱い滑らかな浴感があり、浴後はさっぱりとした印象でした。
 地元の方に愛されるのも納得の、気持ちの良いぬる湯です。

 DSC05273.jpg
 水中写真。
 僅かに青みがかっているかどうか? というくらいの澄んだお湯でした。


 基本データ
 名称:英龍温泉
 住所:佐賀県佐賀市富士町古湯835
 営業時間:午前9時~午後9時半(4~9月)
      午前9時~午後9時(10~3月)
 入浴料:大人350円 子ども160円(入浴のみ)
     大人500円 子ども300円(休憩+入浴)
 休業日:毎月第3火曜日(8月除く)
 電話:0952-58-2135

   


 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:00 Comment(0)温泉施設(佐賀) 
旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 


 

関連する記事

この記事へのコメント