蔵前温泉さらさの湯(堺市)

 「蔵前温泉さらさの湯」さんの紹介です。
 大阪は堺市の北区にある日帰り温泉施設で、なかなか上質な源泉が湧いています。
 お客も多い場所でしたので、写真は控えめに。

 DSCF4001.jpg

 DSCF4005.jpg
 最近の日帰り温泉施設の例に漏れず、温泉以外の施設も充実しています。
 韓式岩盤浴、レストラン、床屋、マッサージ、アカスリなどがありました。また、施設内は分煙で、喫煙処が設けられています。

 DSCF4020.jpg 
 最古乃湯というのは少し大げさかもしれませんが、こちらの温泉は地下1350メートルの「大阪層群最下部層」から湧出しているとのこと。多くの成分を豊富に含む高温泉で、温泉らしい温泉を楽しむ事ができます。

DSCF4007.jpg
 温泉のデータ
 源泉名:紀元前温泉 最古乃湯
 泉質:ナトリウム-塩化物温泉
 源泉温度:51.7℃
 pH:7.3
 成分総計:1リットルあたり4.85g
 お湯の印象:黄褐色~褐色、焦げたような香り、苦味塩味あり、浴感は普通(良く暖まる)

 お湯の使い方
 加温:有り?
 循環:有り(一部掛け流し浴槽あり)
 消毒:有り(一部掛け流し浴槽あり)

 DSCF4011.jpg
 お湯の色はこんな感じです。透明感のある褐色をしていました。
 こちらは露天が温泉使用、内湯は白湯の機能浴槽という棲み分けをしています。

 DSCF4018.jpg

 DSCF4017.jpg
 露天の岩風呂は源泉掛け流しです。上下2段に分かれており、上に源泉が供給されて下の湯船にオーバーフローする形です。湯温は上が少し熱め、下が少し温めでした。

 DSCF4008.jpg
 こちら、一人用の壺湯。ここも源泉掛け流しです。岩風呂と壺湯以外には、循環した湯が使われていました。

 DSCF4009.jpg
 サウナは露天にあります。

 DSCF4016.jpg
 内湯には、「幼児遊楽風呂」が。こちらは湯温が温めに設定されており、アヒルの大群がお待ちかねです。温めのお湯は好きなのですが、さすがにここに入るのは度胸がいります。

 こちらの日帰り温泉、町中ではあるのですが良質な源泉を備えており、お湯の使い方も真面目だと感じました。
 食塩泉ですのでどちらかと言えば冬向けの温泉なのですが、露天の岩風呂は上下で温度が異なるので、暖かい時期でも湯浴みを楽しめそうです。


 基本データ
 名称:蔵前温泉さらさの湯
 住所:大阪府堺市北区蔵前町1-3-5
 営業時間:午前9時から午前2時(最終受付は午前1時)
 入浴料:大人650円、小人300円
 休業日:無休
 電話:072-252-1533

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 22:26 Comment(0)湯煙日記(大阪)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント