木津温泉 ゑびすや(京都府京丹後市)②温泉1

 木津温泉「ゑびすや」さんの紹介、今回は温泉紹介その1です。

 ゑびすやさんの湯船は男女別浴槽1(朝晩で入替)と貸し切り風呂が2つ。
 以前は貸し切り風呂は空いていれば入れる仕組みでしたが、今は1グループ1回の予約制になっていました。
 今回は片方の浴槽と貸し切り風呂の1つを紹介します。

 DSC02923.jpg 浴場の入り口

 DSC02925.jpg
 木津(きつ)温泉の由来。もともとは橘の事らしいです。
 温泉成分表は見当たらなかったのですが、おそらくはアルカリ性単純温泉です。

 DSC02926.jpg 脱衣場

 DSC02928.jpg
 内湯。お湯は無色澄明無臭、弱い滑らかさを感じます。特徴のあるお湯ではありませんが、良く暖まるシンプルな温泉という印象を持ちました。

 DSC02933.jpg

 DSC02939.jpg

 DSC02938.jpg
 こちらの浴場は掛け流し循環併用のようですが、消毒臭はありません。

 DSC02931.jpg
 浴室アメニティはごく普通のリンスンシャンプーとボディソープでした。

 DSC02947.jpg
 こちらは露天風呂。泉質は内湯と同じです。
 露天ではほんのわずかだけ、消毒臭を感じたような気がします。

 DSC02940.jpg
 水中写真。お湯は透き通っていました。
 次に、貸し切り風呂の紹介です。

 DSC02956.jpg 貸し切り風呂の脱衣場

 DSC02957.jpg

 DSC02959.jpg
 温泉教授として有名な松田氏が「日本一の家族湯」と評したのが、こちらの「ごんすけの湯」。天井にはまったステンドグラスの間接照明がいい雰囲気です。

 DSC02963.jpg

 DSC02961.jpg
 こちらの泉質は大浴場とは異なり、木津温泉の新泉源を利用しています。利用状況は加水・加温・循環無しの完全な源泉掛け流しです。木津温泉のシンプルで端整なお湯の特徴が最大限に生かされた、とてもフレッシュなお湯でした。

 DSC02964.jpg
 窓の外の坪庭を眺めながら、のんびり入浴はいいものです。
 次回はもう一つの大浴場を紹介します。


 基本データ
 名称:丹後の湯宿 ゑびすや
 住所:京都府京丹後市網野町木津196-2
 休業日:無し
 電話:0772-74-0025

この記事へのコメント