円山川温泉(豊岡市)*5月末で休業との情報

 「円山川温泉」さんの紹介です。
 *こちら、今月末で休業されるという情報があります。

 兵庫県の北部、城崎温泉をスルーする形で県道3号線を2kmほど北上したところに、ぽつんと一軒の宿屋らしき建物が建っています。
 元々は温泉旅館だったとのことですが、今は旅館としては運営されておらず、1階の半分ほどが日帰り温泉施設として営業されています。

 RIMG2324.jpg

 近くの城崎温泉は良い宿が多く、柳並木の風情もある温泉地なのですが、残念な事に温泉に関しては集中配湯、消毒有りという個性に乏しいものです。一方で、城崎から少し足を伸ばせばこんな個性的で素晴らしい掛け流しの湯があるのですから、温泉湧出というのは本当に不思議なものです。

 RIMG2331.jpg 温泉についての説明文

 RIMG2329.jpg 泉質表示。分析表の掲示は無し

 温泉のデータ
 源泉名:不明(円山川温泉)
 泉質:弱アルカリ性カルシウム・ナトリウム-塩化物強塩温泉
 源泉温度:43.1℃
 pH:不明
 成分総計:不明
 お湯の印象:黄緑色の濁り湯、鉄臭・硫黄臭、浴感は普通

 お湯の使い方
 加温:無し
 循環:無し
 消毒:無し

 源泉温度43℃をそのまま、何の加工もなく内湯と露天に掛け流しにしています。
 そのため、浴槽の温度は季節により変わります。冬なら内湯がちょうど良いくらいですし、夏なら露天がぬるめで長湯に最適です。
 お湯は黄緑色の濁り湯。鉄臭と硫化水素臭が豊かな、とても特徴のある泉質です。

 RIMG2328.jpg 男湯入り口

 RIMG0285.jpg 内湯

DSCF3606.jpg 内湯の湯口

DSCF3583.jpg 露天

 DSCF3598.jpg 露天2

 気温がちょうど良い初夏は、この露天にふわふわと漂いながら長湯をするのが最高です。
 この温泉のもう一つの特徴として、「飲用可能」なところが挙げられます。飲用可能なお湯は多くはないのですが、こちらは「飲用可能だけどものすごくマズイ」という特徴があります。
 その味は一言では言い表せないのですが、敢えて表現すれば、塩辛さ・エグ味・ニガリ味・鉄臭さ・硫黄味・焼けたタイヤの臭いが一気に味覚と臭覚を襲うようなものです。最初に一口含んだときには、脳内でエラーメッセージが飛びました。
 飲む時は数倍に薄めて飲まないと、肉体的にも精神的にも悪そうです。

 こちらの温泉、今月(2017年5月末)で休業するという情報を聞き、正直なところかなりショックです。せめて先週に聞いていれば、先週末には無理にでも出かけたいと思ったところでした。
 近所の方がもしこの記事を読んでいましたら、是非訪れてみて下さい。


 基本データ
 名称:円山川温泉
 住所:兵庫県豊岡市小島991
 営業時間:午前10時~午後10時半
 入浴料:大人520円、子ども300円
 休業日:火曜日
 電話:0796-28-3045

 ↓他のブログの記事も覗いてみませんか?
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ    

posted by ウィロー at 11:09 Comment(0)TrackBack(0)湯煙日記(兵庫)   

旅行を計画されている方、こちらから宿を探してみませんか?
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック