セントラーレホテル京丹後(京丹後市) 小野小町の名を冠する温泉

 「セントラーレホテル京丹後」さんの紹介です。  京丹後市の小高い丘の上にあるホテルで、宿泊だけでなく日帰り温泉も積極的に受け付けてもらえます。  朝風呂もあり、おそらく宿泊客の方と遜色ない時間で温泉に浸かれるのではないでしょうか。    お邪魔した日はあいにくの雨でしたが、温泉道楽にはあまり関係ありません。  こちらの露天は屋根が付いているので、雨の日でも安心です。   …

続きを読む

ルピシア 京都寺町三条店(京都寺町) ルピシアの路面店は圧巻の品揃え

 「ルピシア 京都寺町三条店」さんの紹介です。  紅茶やハーブティなど、世界各国のお茶を集める専門店であるルピシアさん。  良くショッピングモールの中に入っているのを見かけますが、京都の寺町三条にはルピシアさんの路面店があります。  そして、こちらの品揃えは圧巻の一言でした。    これがそのルピシアの路面店さん。店名の通り、寺町三条にあります。    店に入るとまず目に入…

続きを読む

岡本屋(別府市) ⑤朝食は朝日をいっぱいに浴びた食事処で

 別府は明礬温泉にある老舗の旅館「岡本屋」さんの紹介、最後は朝食です。  朝食は夕食と同じ食事処でいただきますが、この食事処は東向きのため朝食時は朝日が一杯に差し込みます。    席は夕食の時と同じく、窓際。  少し眩しく感じてしまうくらいの朝日でした。    席に着いた時の膳はこんな感じで用意されていました。    かご盛りの中には4品。  大根と人参と厚揚げのさ…

続きを読む

岡本屋(別府市) ④彩り良し、バラエティ良し、ご当地名物ありの夕食

 「岡本屋」さんの紹介、今回は夕食。  タイトルの通りこちらの夕食は彩り良し、バラエティ良し。ご当地名物もありとレベルの高いお食事でした。    最初の膳はこんな感じでした。  食事処は掘りごたつ席、座敷席などあるようですが、今回はテーブル席のうちの窓際ペアシート。この席もなかなか洒落ていました。    大きく取られた窓の外には、暮れなずむ空に架かる明礬橋。  食事をしてい…

続きを読む

岡本屋(別府市) ③硫黄臭漂う青磁の湯

 「岡本屋」さんの紹介、今回は名物の温泉です。  岡本屋さんのある明礬温泉は、硫黄臭漂う濁り湯で有名。その中でも岡本屋さんのお湯はミルキーブルー、青磁と言われている名泉です。  男湯と女湯では少し趣が違うようですが、今回は男湯の紹介になります。    岡本屋さんの浴室は、階段を下った先にありました。  調べてみたところ、立ち寄り湯はやっていないようです。    脱衣場は標準…

続きを読む

岡本屋(別府市) ②岡本屋売店さんで地獄見物とおやつ

 「岡本屋」さんの紹介です。  前回の最後にあった引換券が使える場所に。岡本屋さんからは100m足らずの場所にある、同じ岡本屋さんが経営する売店まで歩いていきます(ただし、上り坂はけっこうきついです)。    引換券はこの岡本屋売店さんで、地獄蒸し卵と引き換えができます。  ちなみに有名な話ですが、別府近郊で「地獄」と言うのは地中から吹き出してくる蒸気のこと。「地獄蒸し」というのは温…

続きを読む

岡本屋(別府市) ①別府八湯・明礬温泉にあるお宿の紹介

 「岡本屋」さんの紹介です。  大分、いえ日本を代表する温泉の一つである別府温泉には八つの温泉地があり、別府八湯と言われています。  岡本屋さんのある明礬温泉は別府八湯の中でもっとも高所に位置する温泉で、硫黄の濁り湯が特徴。  そんな温泉街にたたずむ、明治8年創業のお宿です。    明礬温泉は半径200メートルほどの地域に温泉が点在するコンパクトな温泉街。  また、大露天風呂を持…

続きを読む